tanchanのバイク日記

趣味のバイクを中心に日常を綴ります。

金ぇ~がぁ~欲しくてぇ~働いてぇ~眠るだけぇ~~♪ ジャッジャァーン!

今日は午後からトレーニングのため、粟津岳山に登ってきました。
IMG_0295
低山ながら見晴らしの良い山頂は、日本海から木場潟、柴山潟が一望できます。
IMG_0296
今日は来た道を戻らず、「西国三十三観音霊場」を下り、白山神社方向に下りました。

ここには718年に徳道上人が選定した西国三十三観音霊場の名刹33ヶ寺をの砂を持ち帰り、それを模した石仏を建立したミニ霊場があります。巡拝すると功徳を積む事で出来るそうです。
08
霊場を下ると、白山神社の境内に出ます。
IMG_0298
木造の神馬がちょっとコワイです(((( ;゚д゚)))
残念ながら、境内はかなり荒れています。
IMG_0300
更に白山神社の長い石段を下りると、大王寺があります。
IMG_0305
大王寺は養老二年(718年)に泰澄大師によって開かれた「高野山真言宗」の寺院です。

泰澄大師は霊峰白山を開山した高僧で、白山の山頂で修行中に山神が十一面観世音菩薩のお姿で現れ、「この白山のふもとから山川を越えて五、六里行ったところに粟津という村があり、そこには薬師如来の慈悲による霊験あらたかな温泉がある。しかしながら、まだ、だれ一人として地中深くに隠れたその霊泉のことを知らぬ。お前はご苦労ではあるが山を下りて粟津村へ行き、村人と力を合わせて温泉を掘り出し、末永く人びとのために役立てるがよい」と告げらたそうです。

泰澄大師は霊告に従い粟津の地を訪れ、村人とともに温泉を掘り当てました。この時、その力に感嘆した住民の請いに応じ、首に掛けた掛佛薬師如来と自ら刻した聖観世音菩薩を守護仏として残し、「泰應寺(たいおうじ)」と名付けました。これが大王寺の開創です。

由緒正しいですね~。近所にこんなところが有るなんて、知りませんでした。

「のうぼう ばぎゃばてい ばいせいじゃ くろばいちょりや はらば あらんじゃや たたぎゃたや あらかてい さんみゃくさんぼだや たにゃた おん ばいせいぜい ばいせいぜい ばいせいじゃ さんまどぎゃてい そわか」

 


今日は午後から時間があったので、花見ツーリングに行ってきました。
石川県の加賀地方は花見のピークは過ぎていますが、山里のしだれ桜が見頃だと思い福井県の丸岡を目指します。
R364で山中温泉を抜け、丸岡の「龍ヶ鼻ダム」まで来ました。
IMG_0284
龍ヶ鼻ダムなかなかイイところなのですが、知名度が無いのかほとんど人がいません。穴場です。
IMG_0289
桜はイイ感じです。
IMG_0288
帰りの竹田で「しだれ桜祭り」をしていたので、立ち寄ってみました。
IMG_0291
しだれ桜はピンクが濃くていいですね。
IMG_0292
沢山の人でで賑わっていました。

何台かある1/24 ディアブロの中に変なのが混じっていました。
IMG_0199
前回アップした黄色のと同じマイスト製ですが、ガラの悪い紫色でウイングが付いています。
内装も悪趣味な青色です。
IMG_0202
しかも、ウイングの左端が欠けています。

最初は色替えとウイングを追加した「子供騙しのバリエーション追加」と思っていましたが、よく見るとノーマルのマイスト製ディアブロと異なる点が多々あります。
エンジンフードがファストバック風だったり、ホイルが違ったりします。
更によく見ると、ボディ本体のモールドも異なる点がイロイロあります。
ボディ本体の金型を改修してまでバリエーションを追加するとは、ただ事ではありません。
部品取りにしようと思ってましたが、思い留まってWebで調べてみるとコレでした。
082ca6440bf25a7ff86ac2cdf7fb6ddd
ランボルギーニの30周年記念スペシャルエディションとし、1993年~1995年に発売された「ディアブロ SE30」です。RWDモデルで197台が出荷されたそうです。
VE17_r146_015
悪趣味な青い内装もオリジナルらしいです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ちゃんと元モデルがあるようなので、再生してみましょう。

先ずは欠損していたウイングを修復します。
IMG_0203
右側にマスキングテープを貼り、鉛筆で型をとります。
この型をプラバンに貼って切り出し、熱を加えて右側とは反転させて曲げます。
長さを調整して欠損部分に接着し、整形します。
IMG_0234
メタリック パープルの車体色は、ホルツのファッション カラーを使います。
IMG_0204
で、何だかんだで完成です。
IMG_0253
実車に比べ、パープルがちょっと暗かったようです。
IMG_0251
IMG_0252
ゴールドのカムカバーもSE30の特徴ですが、ちゃんと再現されています。
意外と芸の細かいマイスト製です。
IMG_0254
ノーマルのディアブロと比較してみました。
IMG_0257
ホイルが違います。
IMG_0258
ボデイサイド下部のスリットが、ノーマルは横スリットですが、SE30は縦スリットです。
IMG_0259
フロント回りも、SE30にはバンパー下に空気取り入れ口があります。
IMG_0255
エンジンフードやリア ガーニッシュも異なります。
30周年記念バッチも再現されています。

いろいろと調べましたが、1/24でSE30を再現したモデルは、プラモデルもミニカーもマイスト以外には無いようです。ある意味、貴重なモデル化です。
捨てなくて良かった! (*´Д`*)

今日は「三郎丸蒸留所」へ行ってきました。
IMG_0247
富山県砺波市の「若鶴酒造」です。
IMG_0243
若鶴酒造は、藩政時代(1862年)創業の歴史ある日本酒の酒蔵ですが、1952年よりウイスキーを製造始めました。三郎丸蒸留所 | 富山で、守り続ける。 富山から、変えてゆく。 (wakatsuru.co.jp)
IMG_0248
2017年には「三郎丸蒸留所」として生まれ変わり、富山からウイスキーの魅力を発信するクラフト蒸留所として活動を続けています。P.A.WORKS制作のアニメ映画の舞台にもなっています。
映画『駒田蒸留所へようこそ』公式サイト (gaga.ne.jp)
IMG_0250
一本買ってきましたが、勿体なくてまだ飲んでいません(゚∀゚)アヒャヒャ
IMG_0249
ハレの日に飲もうと思います。

交換したマフラーがあまりにウルサイので、バッフルをねじ込んでみました。
IMG_0177
音量確認のため、近場を一回り・・・(遣水観音です)。
IMG_0222
まだちょっとウルサめですね(*´Д`*)


↑このページのトップヘ